その他

白球を追う

お疲れ様です!AI技術研究所の吾妻です(o^―^o)ニコ
先週の金曜日から実家に帰っておりまして、久々に弟の野球の応援に行ってきました⚾
なので今回は弟の話をしようかなと思います!


応援に行ったといいましたが練習試合です(;’∀’)
残念ながら勝てたはずの公式戦に敗れてしまい、県大会出場を逃してしまいました。
残すは夏の小さな大会のみ。
県北大会で勝てたはずの試合に負けたのは監督の采配ミスだとうちの両親をはじめ父兄たちはあれこれ言っていましたが、私は子供たちが気持ちを切り替えて残された大会に向けて頑張っているのに親が文句を言っても仕方がないのでは?と、思いながら応援していました。
まぁ、気持ちはわかるんですがね(;^_^A

弟は中学生から野球を始めました。
勉強も姉の私より断然できるし、良くも悪くも賢いのです。
運動神経もいいし、走りは小学校で一番早かったと記憶しています。
そして多趣味。…顔は…よくわかりませんが(今回はトラちゃんで隠してます)周りの父兄さんからは「可愛い」と言われています。…どういう意味かなぁ(;’∀’)
このようにムカつくほど文武両道でして、口が達者で腹が立つ弟です。そして逃げ足が速い…。

中学ではスポ少出身の子が多く、身長も周りの子よりも頭2つ分も小さかった弟。
それでも3年の頃にはセカンドのレギュラーを不動のものにしていました。
そんな弟を尊敬していた私がいるのも事実です。
中学・高校と同じチームのキャッチャー家族とは家族ぐるみの付き合いをさせてもらっていますし、チームのエースは幼稚園から一緒の子で、小学校の一年間だけ同じ学校に」通った仲の子もいます。
そんな彼らも弟と同様大人になったなぁと感じる節があります。

例えば名前の呼び方。
チームの中で子供たちのことをあだ名や呼び捨てで呼んでいるんですが、試合後に弟とチームメイトに会いに行くと
「ナナエさん!お疲れ様です!!」と、清々しい声Σ(゚Д゚)
昔は「○○のお姉ちゃん」か「ナナエちゃん」だったのに…。しみじみ( ;∀;)
少しくすぐったい気持ちになりながらもうれしく思ったり( ´∀` )

…最近涙腺が壊れ気味でそろそろ終わろうかな(;^_^A

来月も生意気な弟たちの勇姿を見てきたいと思います!

それでは失礼します!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です